医薬品をお茶で飲むのはアリ?ナシ?

医薬品を飲む際には水が基本となりますが、中には普段お茶で薬を飲んでいるという人もいます。
そうした人はよく「お茶で飲んでも変わらない」と言うのですが、それでも医薬品は水で飲むことが正しい方法とされています。
ではお茶で飲むというのは良いのか悪いのか、どちらなのかというと、これは薬にもよりますが「カフェインやタンニンが含まれているお茶で飲むのは好ましくない」というのが答えになります。
カフェインは紅茶に多く含まれている物質であり、タンニンは緑茶に多く含まれている物質です。
実際のところタンニンが薬の作用に影響を及ぼすケースは最近ですとかなり少なくなってきているのですが、それでも薬の種類によってはカフェインやタンニンが何らかの作用を及ぼして医薬品の効果を小さくしてしまうリスクがあるのは事実です。
デカフェと呼ばれるカフェインが除去されたお茶でもタンニンが含まれていることがありますし、そもそも普段飲んでいるお茶にどれくらいのカフェインやタンニンが含まれているかが分からないというケースの方が多いでしょうから基本はやはり水で飲むべきと言えます。
さて、しかしながら「薬を飲まなくてはならないけれど今手元にお茶しか無い」といったような状況もあるでしょう。
そうした場合には事前にお茶で飲んではいけないと言われているような薬でなければお茶で飲んでも構いません。
多少効果が小さくなるリスクがあると言っても飲まないよりは飲んだ方が良いのは当然のことです。
特に医薬品の種類によっては一定期間飲み続けることで効果が出てくるものもありますので、処方された医薬品はしっかり飲み続けるのが大切です。
結論としてはお茶で飲むことは絶対にダメというわけではないものの、なるべく水で飲むのがベターということになります。

なぜ医薬品はジュースで飲まない方がいいのか

医薬品は原則として水で飲むものとされていますが、その中でよく言われるのが「ジュースで飲むべきではない」ということです。
薬の種類によっては薬剤師さんから「グレープフルーツジュースで飲むのは絶対に避けてください」と指定されることもあるのですが、これはどうして言われるのかというとジュースに酸が含まれているというのが理由です。
酸というと中々イメージは付きづらいでしょうが、ジュースのほとんどには通常の人体に対して影響を与えない程度の微量な酸が含まれています。
しかし人体に影響が無いと言っても薬に対しては絶対に影響が無いとは断言できないことがあり、医薬品によってはジュースに含まれている程度の酸で効果が代わってしまったり副作用が強く出てしまったりすることがあるのです。
特にグレープフルーツジュースで高血圧の薬であるカルシウム拮抗薬を飲むと薬の効果が大きく変わってしまうことがありますから、最初に述べた通り薬剤師さんは必ず説明をするわけです。
と言っても、こうしたグレープフルーツジュースで高血圧の薬を飲むなどのケース以外であればジュースで飲んで大きなトラブルが起きることは稀でしょう。
実際のところ手元にジュース以外の飲み物が無い状態で薬を飲む必要があるのであれば、それはジュースを使ってでも飲んだ方が良いです。
水がなくて薬を飲まないのとジュースで薬を飲むのであれば、当然薬を飲んだ方が効果は期待できるからです。
ただ病院や薬局としては万が一にも事故が発生するリスクがあるのであればそれは放置してはならないという基本があるため、ジュースでの服用はしてはいけないと言わなくてはならないわけです。
飲まないよりは飲む方がまし、しかしながら水があるのであれば水で飲むというのが医薬品の基本です。

医薬品の食前と食間と食後について

病院などで処方された医薬品を服用するタイミングをあらわす言葉として食前、食後、食間があります。
食前は言葉通り、食事の前のことで具体的には食事の二、三十分前とされています。酸によって分解されやすいため胃酸が多く存在する環境では効果を発揮しにくい薬や、血糖値が高くなりすぎることをあらかじめ予防する薬などは食前に服用するべきです。
次に食後、これも言葉通り食事の後のことで具体的には食事の二、三十分後までとされています。胃の中に食べ物が残ってるであろう状態で飲むので、異物として胃を刺激してしまう薬のデメリットを緩和することができます。食べ物が消化、吸収されるのと同時のほうが薬の成分が作用しやすいものは食後という指示になっています。
そして食間ですが、これは食事のあいだ、すなわち食事中という意味ではなく食事と食事の間を意味する言葉です。具体的には食後二時間後とされています。胃の中が空であると吸収されやすい薬が該当します。
飲むタイミングを間違えてしまうと、せっかくの薬の効果が弱くなってしまうことがあります。また、薬は成分の血中濃度がある一定の濃度に保たれることで作用するものも多く食後に飲み損ねたから、食後に飲む薬を飲まないでは薬を飲んでいる意味がないことまで起こりうるのです。大切なのは指示された通りに規則正しく飲むことであり、そのためには自分の飲んでいる薬がどのような効能を持っているのかを知っておくことも極めて重要です。薬の効能からいつ飲めば効果的なのか予想することが出来るからです。しかし、そうはいっても薬には難しく把握しきれない要素も数多くあります。そんな時は一人で悩まずに担当の医師や薬剤師に遠慮なく相談するようにしましょう。