協会けんぽの役割と若返りの医薬品の可能性

多数の医薬品が開発されてきたことによって多くの疾病の治療が可能になっているのが現代の医療の状況です。その医療を受ける際には健康保険に加入していることによって3割程度の負担金で済ませることができます。企業に勤めている場合の多くはその会社の健康保険組合に加盟することで健康保険に加入しますが、中小企業ともなると自社の健康保険組合がない場合もあります。そういった際にその会社の従業員が入ることがでkりうのが協会けんぽであり、全国健康保険協会が運営しています。協会けんぽに加入していることによって同様にして保険適用での医療受けることが可能であり、医薬品を3割程度の負担で手に入れることもできるようになります。個人事業主などの場合には協会けんぽには加入できず、国民健康保険に加入することになるのが現状です。こういった形で誰もが最新の医療を受けられるようになったものの、医薬品開発が進んでも未だに実現が困難であるものは多数あります。治療薬がない疾患が多いことに加え、老化に抗う若返りの医薬品は開発がなされていません。若返りは誰もが望むことであり、不老長寿の薬は古代から探求されてきています。しかし、現代医学がいかに発展してきたとはいえ、その実現ができるような可能性すら見いだせていないのが現状です。一方、保険の観点から見ると若返りの医薬品が市場に登場したとしても、それは保険適用で使用できる可能性は極めて低くなります。人は歳を取っていくものであるという立場に立つと、それに抗うことは一種の贅沢であり、生活をする上での最低限必要な医療に値するものではないからです。そのため、協会けんぽのような保険に加入していても全額負担で購入する必要が生じてしまうでしょう。